ニュースリリース

地元消防署と合同で火災訓練を実施しました

  • 2019年05月31日
  • お知らせ

2019年5月29日に本社工場で、地元消防署と合同で火災訓練を実施しました。訓練には、当社従業員約70名が参加しました。

今回の火災訓練は、工場内の重油タンクから火災が発生したことを想定して実施しました。職場自衛消防隊約20名及び本部自衛消防隊約20名が、自動火災報知器の発報を皮切りに、消防隊の招集・設置、119番通報、初期消火、避難誘導等の初動対応から、消防署員への適切な情報提供までを行いました。
その後、地元の消防署員によるはしご車からの放水や建物からの人命救助訓練等が行われ、参加者からは「重油タンクを消火する際は、まずは重油を冷やす為にタンク下部に放水するのがよいことを学べました。」との感想がありました。

今後も、様々な事態を想定した防災訓練行う等、緊急時に迅速に行動できるよう対応してまいります。

18994
19004
18989

ニュースリリース一覧へ