ニュースリリース

スマート水道メーターの導入に向けた実証実験について

  • 2020年11月26日
  • 製品・サービス

愛知時計電機株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長 星加 俊之)は、無線通信により水道使用量などを自動で検針できるスマート水道メーターの導入に向けて、2020年11月4日から市内4ヶ所において名取市水道事業所と共同で実証実験を開始いたしました。

今回の実験で、名取市水道事業所は市内4ヶ所の実証実験場所の提供や、送信される流量データの正確性等の検証を担当し、愛知時計電機は通信装置と水道メーターの接続、データ設定や管理を担当いたします。


1.設置場所

設置地域 設置場所 メーター口径
愛島笹島 一般住宅 Φ20mm
高舘熊野堂 一般住宅 Φ20mm
愛島塩手 宮城県立がんセンター Φ150mm
名取市サイクルスポーツセンター Φ50mm

2.設置期間

2020年11月4日~2021年3月31日

3.実証ポイント

1)市内全域において通信状況確認
2)水道メーターが検知した流量の送受信確認

4.システム構成例





【本件に関するお問い合わせ先】
愛知時計電機株式会社 水道営業推進部
TEL(052)661-5160
FAX(052)655-0091

ニュースリリース一覧へ