スマートガスメーターと次世代通信技術

スマートガスメーターと、次世代通信技術が生み出す新しいソリューション

研究開発

スマートガスメーター×次世代通信技術が生み出す新しいソリューション

LPガスは、自動検針の先駆けとして普及が進んでまいりましたが、ガス使用量請求のための月1回の検針のみならず、ガスメーター情報を利用した様々なサービスを求めるお客様の声が高まってきています。
自動検針の通信技術としてUバス通信※1 やLPWA※2 と、従来よりも低消費電力で広い範囲カバーする次世代通信技術の普及が期待されています。
弊社はこの次世代通信技術を用いて、ガスメーターから様々な情報を簡単に収集することで検針効率化はもちろんのこと配送効率化といった様々なサービスを考えております。
※1.「ユニバーサル」や「ユビキタス」を表す「U」とバス接続を表す次世代インターフェースです。
※2.Low Power Wide Areaの略称であり、消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信方式です。

スマートガスメーター×次世代通信技術が生み出す新しいソリューション

次世代通信技術を活用したメーターシステム導入のメリット

検針業務、配送業務の効率化や、保安業務への対応など、様々な活用方法があります。
現在、お客様が抱えている課題について、当システムは、幅広く対応し解決できるものと考えております。