製品情報

HOME > 製品情報 > テクニカルガイド > ソリューション > 下水道料金削減のご提案

下水道料金削減のご提案

概要

経費削減対策

「使用した水道量が全て下水に流される」 と言う前提で 下水道料金が計算されています。

しかし実際は・・・

冷却塔(クーリングタワー)やボイラーから大量の水が蒸発として失われます。
「使用した上水道の量と実際に排水した下水に大きな格差が生じます」
蒸発して下水に流れなかった差額分を余計に支払っていることになります。

そこで

  • 下水道条例地方自治体が行っている
    下水道料金減額の特例措置
  • 認定・適用
  • 大幅な経費削減年間150万円〜1000万円以上

下水道料金減額の特例措置を受けるには、自治体との協議が必要となります。
全ての自治体が下水道料金減額を認めているわけではありません。

ページトップ

効果

食品工場(コンビニ食材)における金額効果

給水量(月) 10,860m3
実排出量(月) 9,504m3
減量(月) 1,356m3
減量割合 12.5%
削減額 (月) 約 260,000円
     (年) 約 3,120,000円
  1. 炊飯による蒸発・含有
  2. 調理(加熱・加工など)工程での蒸発
  3. ボイラー・クーリングタワーでの蒸発
  4. 社員食堂での飲食

削減効果 年間 約310万円

その他事例
飲料水メーカー
飲料水工場であれば、製品への添加による減免効果が見込めます。

リネン工場での金額効果

リネン工場改良概略図 35%削減
事例
  1. ボイラー・クーリングタワーでの蒸発
  2. 洗浄時に衣類に含有した水が、乾燥時に蒸発
  3. おしぼり等へ含有
削減効果 年間 約560万円

下水道料金削減 効果実績

国内のさまざまな工場で、下水道料金の減量認定用(料金算定用)として実績があります。

業種 水道使用量
(m3/月)
減量率
(減量/水道使用量)
減額
(千円/月)
減額
(千円/年)
食品(製パン工場) 15,000 31% 1,076 12.917
食品(即席めん製造工場) 2,400 75% 360 4,320
食品(コンビニ食材) 10,860 12.5% 521 3,124
食品 1,500 40% 360 1,440
電機(家電品製造) 21,000 5% 200 2,400
電機(半導体) 60,000 35% 4,095 49,140
電機 765 17% 22 263
化学(印刷) 81,000 15% 996 11,952
自衛隊 8,000 23% 370 4,440
リネンサプライ 6,200 35% 446 5,597
リネンサプライ 2,651 13% 88 1,052
リネンサプライ 2,046 51% 242 2,906

弊社における実績、調査結果です。あくまで参考値であり、保証するものではありません。

ページトップ

製品

非満水電磁流量計 FG

写真|非満水電磁流量計 FG
汚水排出量の計量による減量
汚水を下水道に排出する手前で一元的に計量し申告します。
  • 非満水状態での流量計測が可能。
  • 大流量から小流量まで高精度に計測。
  • 状況に応じ管路途中及び吐出端いずれの取付も可能。
  • 固形物の流下や流量変化に強い可変サンプリング方式。
  • 可動部がなく、厳しい条件下でも耐久性に優れます。

電磁式水道メーター SU

写真|電磁式水道メーター SU
クーリングタワー等の補給水量の計量による減量
クーリングタワー、ボイラー等の水が飛散し・蒸発する機器の補給水を計量し申告します。
  • 稼動部がなく、優れた耐久性を発揮します。
  • 大流量の連続計測から小流量まで高精度に計測します。
  • 内蔵電池で8年間使用できます。
  • 見やすい大型液晶で常時表示します。
  • 取付姿勢が自由。設置場所を選びません。
  • 耐久性に優れたオールステンレス製ボディを採用。
  • 使用目的に応じて各種システムにフレキシブルに対応。
ページトップ
Copyrights (C) 2006 AICHITOKEIDENKI CORPORATION All Rights Reserved.