取り組み・実績のご紹介

スマート化の取り組み ~データ配信サービス~

取り組み 住宅、集合住宅

スマートメーター・データ配信サービスによる社会問題の解決

ガス・水道インフラは、人口減少などによる需要の低下、配管の老朽化などの課題を抱えており、安全で安定的な供給を持続していくためには、事業の効率化に取り組む必要があります。このような中、無線通信により使用量データが自動で取得できるスマートメーターによる新たな検針は、これまでの検針員による個別検針に替わるものとして期待されています。
 愛知時計電機は、スマートメーターを用いたデータ配信サービス「アイチクラウド」のサービスを開始。
検針の合理化に加え、遠隔での開閉栓、災害時の異常通報、配送の合理化などガス会社様、事業体様と共に社会問題の解決を進めています。

生活に不可欠な水道・ガスの問題解決と新たな価値に取り組んでいます。


SDGs_6_7_11


|CSR|SDGsへの貢献|愛知時計電機の取り組みと持続可能な開発目標(SDGs)のつながりをご紹介